――――――――この下から—-------――― 8月17日~25日に徳島県と友好交流提携を結ぶドイツ・ニーダーザクセン州から卓球ジュニア代表選手6名、中国・湖南省からトップレベル選手6名を迎え、徳島県内の選抜選手27名、全日本ナショナルチームの小学生・高校生選手5名、県外の強豪校選手20名が参加し、合同練習や交流試合を行いました(徳島県はドイツのホストタウンになっています)。 合同練習ではそれぞれの国の練習スタイルやレベルの違う戦術やプレーを体験し、22日には交流試合を行いました(1位は全日本ナショナルチームでした)。 食事の際にGAP認証を取得したぶどうを振るまって、選手の皆さんに食べてもらいました。 ※ホストタウンの推進について https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/hosttown_suisin/ | 2020東京オリンピックニュース
2020東京オリンピックニュース

東京オリンピックの情報はココから!