橋本聖子五輪相は19日、国際オリンピック委員会(IOC)が検討する2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案に理解を示した。札幌市で記者団に「相当な危機感を持って決断している。IOCは、それだけ暑さ対策に注力しなければいけないと感じている」と述べた。

橋本氏は、高温多湿のドーハで9~10月に行われた陸上の世界選手権に関し「棄権するアスリートが考えていた以上に多かった」と指摘。今後のIOCと東京都の調整などを見守る考えを示した。その上で「東京大会の成功のために全力を尽くす」と語った。

ネットの反応

札幌開催は良い選択なのかもしれないが今さら変更する事ではない会期の変更も含めてもっと前に検討するべきこと
既に道路の輻射熱対応塗装の他にもお金がかかってるはず
その金を無駄にしてまで今さら言い出すことではない
棄権した選手は多分オリンピックの出場が既に決定していてテスト的にドーハで走ったんだと思う。

上位にいた選手やこの大会でオリンピック出場権が欲しい選手たちは完走したんじゃないかな。

コースを若干変更するだけでなく開催地そのものを変更することはオリンピック競技をIOC会長が私物化する蛮行に他ならない

暑さ対策は必要なのは理解します。
ただ、東京オリンピックと謳うからにはなんの競技にしても東京でやるべきでは無いのかと思う。
施設など既存のものを活用し費用を抑えるってのも理解できるが、ここまで来るともはや東京オリンピックではなく日本オリンピックと改名した方がいい。
橋本さんは北海道出身だから、札幌開催に理解を示しているのでしょうか?

暑さ対策で、300億円かけてアスファルトを熱がこもらないものに変えたという報道がされていましたが、こういう努力を台無しにするのでしょうか?
警備にしても、東京で開催でないなら、さらに費用かかるし、チケットの払い戻し+発売にも費用がかかりますよね。
IOCだけでなく、JOCもおかしいです。

費用も無駄に使い過ぎていませんか?
結局は税金なのに・・。国民を馬鹿にしないでほしいですね。

東京の酷暑は、去年今年に始まったことではありません。
東京での開催が決まってから何年経つと思っているのでしょう。
開催まで1年を切った今頃になって、しかもチケットの当選も決まった後になっての開催地変更なんてあり得ない。
あきらかにJOCの判断ミスです。昨今の猛暑を考えれば、7月の開催は、選手ファーストではなくスポンサーありきだった。マラソンを北海道で実施するのも仕方ないとはいえ、あまりにも先見性がなかったと言わざるえを得ない。開催時期を10月にシフトしてもよかったのではないか?
理解はできます。選手の生命とかを考えたら、でも、話の決め方はもうちょっと慎重に根回しして行うべきだと思います。費用面とか度外視でやられても、反発は免れない。IOCの横暴は今に始まったことではないですが、借金大国日本に更なる負担をさせ、自分達は命令に似た事を言うだけでは話になりません。
秋開催では他のスポーツが盛んになり、五輪の注目度が下がり放映権料が安くなるため、夏に開催されてきたようです。選手や観客のことはほぼ考えていないIOCの苦肉の策が札幌での競技開催です。仕方ないと思いますが、今後の教訓として生かしてもらいたいです。
そういう問題では無いと思う。招致活動して勝ちとった大会の競技が都を無視して持っていかれる。そこは行政府は問題視するべき。
IOCは危機感を持っていたみたいだけど、JOC以下の
日本の関係者は全く危機感を持っていなかったことが
よく分かるし、アスリートファーストなんて嘘だ。
お台場でのテスト大会でも日本の選手や関係者からは
問題ないという発言があったけど、海外選手や関係者の
発言が出なかったのも変だったし、こういう話が続々
出てきそうな気がする。
日本で開催されるオリンピックなのに、日本国民に寄り添った解決策を導かないのでしょうか?
暑ければ、各選手はそれなりの対応をしてくるのに、リタイヤが増えるからなどに理由は、白人至上主義として捕まえてしまいます。
日本の首脳陣で声を大にして反論したのは、小池知事くらいでしょうか。
森元首相は、北海道ありきで、費用面を話していましたが、本筋が違う!
橋本さんまで、長い物に巻かれるのか?
だったら、国民が納得出来る様に説明すべき️
IOCは募集段階から8月開催を募っており、その条件で東京が手を上げた。
暑さ対策は万全だとしていたが、蓋を開けたら遮熱舗装と打水。
IOC側は寧ろ騙されたと思っただろう。
そこにドーハでの惨状を見て札幌開催に決まった。森元が反対しなかったのもこうした理由がある。オリンピックは都市が場所を貸すだけで、運営権はあくまでもIOC側にある。
その事を十分に理解していない人が多過ぎる。
決まってしまったこととして。オフィシャルスポンサーの入札しなおしが必要です。札幌マラソンだとやめたい国内海外スポンサーもあるし、逆にぜひやりたいスポンサーがあるはずです。ラグビー観ていてもわかると思いますが日本の会社はごくわずかしか選ばれませんでした。日本は会場と場所を貸すだけなのです。札幌のこともスポンサー選びなおせばお金は何とかなります。
IOCはドーハのマラソンと競歩を見て、同じようなことがオリンピックで起こってはいけないと、本当の危機感を持ったのだと思う。逆に東京の夏を知ってるJOCが今まで大丈夫と言ってたことが異常だと思う。
どうして開催国の政府やJOCがIOCに先んじて危機感をもち、それに相応しい決断を下すことができなかったのか。今の日本が有無を言わせない外圧に頼ることでしかまっとうな判断を下すことができない国に成り下がっているからではないのか。アベ議員のアンダーコントロールという嘘から出たオリンピックは、最後の最後までケチがつきつづけ、終わった後で借金とむなしさだけを残すのだろう。「日本人選手のメダル数」などでごまかされてはならない。
この人はこの人で浅い感じもする。
マラソンは東京の名所を回るわけで東京、日本のプロモーションになる点が他の競技とは大きく違います。
東京の人たちもかなり準備してきたわけで可哀想だと思うし、変えるにしてもやり方が強引すぎるな。
理解を示すのはいいけど、お金の面、IOCに負担させるのが橋本聖子なり森喜朗の仕事。アスリートファーストって簡単に言うけど難しい。チケット、宿泊施設、渡航費、選手村、ボランティア、観客、会場、コース、警備‥そもそも間に合う?暑いからってだけなら選手だけ行けばいいんじゃない?
観客の移動なり宿泊施設が1番ネックになりそう。これから建設しても後の利用が見込めないと困るだろうし。現実的には飛行機増便して宿泊は東京にした方がいい気がする。
そりゃ橋本は理解を示すだろうよ。
将来のIOC委員入りを考えたら、ここでごねるのは損なだけだし、
ましてや自民党だから小池には対決姿勢を示しておいたほうが党内での立場も良くなるだろうし、他に理由ある???
IOCは暑さだけではなく台風、豪雨、落雷、もちろん猛暑・・・等の具体的な対策をJOC,東京都が対応しないから全面的な不安を日本に投げかけていると思うが、何も対策をしようとしな誤輪相は今からでも遅くないからいろいろな不安項目の対応策を検討したらどうでしょうか。
東京大会の色合いなんて、かなり薄れたでしょ。
元々、多くの人が夏の東京で開催には、選手の体調に関して不安を感じていたと思うけど、政治家たちは感じてなかったのか。
けど開催地の東京に話を通さないのはあり得ない。
暑さ対策は良いと思う。しかし札幌一択というのは横暴ですね。

選手のことを考えるのは良いけど、チケット買った人のことも考えないとおかしい。東京近郊にも避暑地はありますよ。

アスリートファーストとは言いながら、東京は暑いとのイメージでその対応を精一杯してきたアスリートに対して、ファーストの考えなのですか?
東京でオリンピックを実施する。
これは何を元に決議されてのですか?
日本として単純に受諾するという事は、今後東京以北でしか、夏季オリンピックをしませんと言っていることですが……
老い先短い方(言葉が荒いかもしれませんが)が目先を考えるのでは無く、その先を考えて発言してほしいですがね。
東京オリンピックが、日本オリンピックになった。オリンピックの利益の8割をアメリカが出してるから、暑い時期にオリンピックは仕方ない。マラソン、軽井沢や那須なんて言っても人がいるけど今年はたまたま雷が少なかっただけで、軽井沢や那須が適してないのは明らか。おそらく、ほとんど、それらの地を行ってない人 その時期に行ってない人の意見だな。選手ファースト、これはない、利益ファースト。水泳関連も東京オリンピックではなくなったのだから 汚い東京湾でやるよりも経済的援助として九州でやれば良いのに。
まぁ、開催決定当初から暑さをどうするかは言われてたんだし、この時期に変更をゴリ押しするならIOCにもそれ相応の負担はして欲しいよね。東京開催に拘った東京側にも負担してもらって、北海道側にはいっせんも払わせちゃいかんよね。
おすすめの記事